カテゴリ:日記( 10 )

父のこと

十一月十六日月曜日
いつものように朝は始まり三日ほど前に送ったりんごが
父のところにももう届いているはずで
そろそろ電話がくるかなあと思っていた。
午前十時半頃に
福島の兄からの電話がなった。
声は義姉からで、緊迫した声で父の死が告げられた。

十三年前に母をがんで亡くしてからずっと一人暮らしをしていた父は
亡くなるその日まで
車で買い物に出かけ
ワンカップとかみかんとかお寿司とかを買い
いつものように
少しのお酒をたしなみお寿司の上のマグロだけをつまみにし
大根の味噌汁も作っていただいて
いつものように居間の電気を消して床に入り眠りについた。
そしてそのまま次の朝に目を覚ますことはなかった。
新聞がたまっているようでと新聞配達の方から隣の本家に
連絡がいき、本家から兄のところに連絡がいき
かけつけた兄たちによって亡くなっている父は発見された。
買い物したレシートが十二日のもので
十三日からの新聞がたまっていたので十二日の夜半になくなったのでは
ないかということになった。

三、四日分の着替えとそして喪服も持って
電話が来て一時間後に電車に乗り、新幹線で福島に向かった。
福島の実家には東京の弟が先についていて
ぼんやり縁側に座って父の庭を眺めていた。
家に入ると父がいつも座っていた場所の座布団は
さっきまでそこに座っていたように丸いくぼみがあって
いろんな暮らしの備品がテーブルの上に乱雑においてあった。。

一応検死のために父はそこにはいなくて
父の寝室は窓が開け放たれてハエが二、三匹飛んでいた。
「随分ハエも減ったんだよ」と弟の声がして
一緒にベッドの周りの乾いたみかんの皮とをかをみて
「みかんも食べたんだね」とか
亡くなるその日までの父のことをあれこれ話した。

父は警察の検死を受けてから棺に入れられて
斎場のほうに移動するとのことで
もうそろそろ着いているころだからと、
迎えにきた兄の車で安置所に向かった。

葬儀の日程は順調に決まって家族葬で見送ることにはしたけれど
何せ親戚知人あまたいる地元であるだけに
九十一歳と現役を引退して随分経っているはいたのだけれど
父の死を悲しんでくださって多くの方が弔問にいらして下さった。


亡くなるその日まで車を運転して買い物をし
身の回りのことはすべて自分でこなした。
新聞を二社とって毎朝時間をかけて目を通していた。
庭もきちんとして
父の生活するスペースは父らしい工夫した様々な備品であふれていた。
かたくなに一人暮らしを貫いてはいたけれど
この頃は車の運転をはじめいろいろと心配なこともあって
いつまで父の望むきままな一人暮らしができるかなあ、
もしできなくなって施設のお世話になったりすることを
いずれはしかたがないと話もしていた。

いろいろなことが
「ああ今だったのかなあ」と突然父は人生に終止符を打ったと思えるほど
寝ている間に父の心臓は動くのをやめたみたいだった。
まだまだ元気でいると思っていたが
不整脈はあったんだよなあ、と思った。
弟は「たぶんお父ちゃんは自分が死んだことに気が付いてないと思うよ」
なんて言った。


突然この世からいなくなってしまった父の死の実感が
なんだかわかない。
でも
本当に父らしく生き抜いた。
亡くなってからのほうが
父と語るものなのだなあ。

九十一歳の父は七十六歳の母と再会して
「おまえ若いなあ」と言ってるだろうか。
[PR]
by koyomitosima | 2015-12-06 07:04 | 日記 | Comments(0)


2014年 今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

昨年2013年は振り返ってみるとなかなか良い年であったと思っています。
去年もっとも心に残った自分的な出来事は
夏の福島で
ママさん達との会で
ランディさんや恭子さんと一緒に過ごせた時間でした。
そして去年頑張ったことの一つは
スロー筋トレでしたが
今思うと毎日ほぼ続けたことで
身体的にいい状態にありまた同時に普段の行動力などにも
良い影響があった気がしています。
今年は引き続き、このスローな筋トレを続けると同時に
もう一つは短くても「書く」ということを心がけようと思っています。
いわゆる考えることの筋トレみたいなことを目標にしようと
思っています。
あとはやっぱり食を大事にすることを。
どんなこともいつもやっぱり毎日こつこつやっていくしかないなあと思っています。
どうぞ今年もくれぐれもよろしくお願い申し上げます。






c0254543_12185143.jpg

[PR]
by koyomitosima | 2014-01-01 12:18 | 日記 | Comments(0)
七月九日(火)

JR奥羽線北常盤の駅舎の
カフェPoppola(ポッポラ)にやっと行くことができました。
山田スイッチさんが声をかけてくれて
とても楽しみにしていました。
とても雰囲気がある駅舎カフェポッポラは
舞踏家雪雄子さんと写真家の片山康夫さんが五月に始められたカフェで
常盤の米卵を三個使ったフランス仕込みのオムライスや
秋田の珈琲仙人直伝の美味しい珈琲がいただけると聞いていたので
本当に楽しみでした。
c0254543_1042985.jpg

ちょっと早く着きすぎてしまったのですが
座ってゆったりしていると
駅舎を通る電車の音やら、
また学校の図書館のような懐かしさや
とてもいい感じなんです。

雪さんと片山さんのたたずまいは素敵ですね。
c0254543_1042958.jpg

参加メンバーはこんな風の方たちで
c0254543_1042925.jpg

本当に雪さん、スイッチさんを囲んでの話が面白かったです。
雪さんの立ち姿はさすがに舞踏家さんですっとしていて
きびきびと気持ちよく
いろんなお話がどんどんはずんてしまうというか
とても魅力的な面白い人物なのですが
その雪さんの手からできあがってくるオムレツは
本当に美味しくて優しい味でした。
実はこの日なんといつものフランス仕込みのトマトソースの他に
中のライスに大豆も使って、
ソースは新作の塩麹ソースもあるんですよ、ということで、
トマトソースは次回にすることにして
今日私は塩麹ソースのオムライスをいただきました。
↓写真が色がへたくそに撮れてしまって申し訳ないです。。。
塩麹ソースオムライス、
とても美味しかったです~。
c0254543_1042959.jpg


参加されたお一人が焼いてきて下さったケーキに
美味しい珈琲をいただいて
まあいろんな女子会トークは面白かった。
c0254543_1042941.jpg

語りどころ満載なんですよ。
また行きたいです。
c0254543_1185221.jpg


この後は近くの神社やときわ館の遺跡の展示などをみたり
雪さんが気功のレクチャーまでしてくださって贅沢な一日でした。
神社の風のごーっという音や
地面の小さい虫達や
樹齢何百年のけやきや、
緑色にだいぶ伸びてきた草原のような田んぼや、
本当に面白かった!

そうだ、スイッチさんはゆみさんの浴衣と帯姿できたんですが
素敵だった~。
お願いしていたスイッチさんの本「うちのバッチャ」ですが
この本のデザインはゆみさん!
c0254543_11351747.jpg

この「うちのバッチャ」は
どこを開いても面白いです!!!
そしてあたたかい気持ちと
思わず笑ってしまう、という元気をくれます。
ばっちゃは最強の乙女であると思います。
そうだ雪さんが
「この私がバッチャに会うと癒されるんだよ~」って!
この私が!って雪さんが言うところがとても深いんですよ!

世の中には素敵最強の乙女たちがいらして
元気を与えてもらいます。

話がいろいろになってしまったけれど
元気キーワードが満載の一日をカフェPoppolaで過ごせた夏の一日でした。
[PR]
by koyomitosima | 2013-07-11 10:42 | 日記 | Comments(0)

バターロール生地パン

c0254543_6555327.jpg

c0254543_6555318.jpg

c0254543_6555357.jpg


朝食のパンを早朝に目が覚めてしまったので焼きました。
ちゃんと成形もせず二次発酵も適当に焼いたのですが、
これはこれでいい感じ。

フレンチエッグ、ハムなどをはさんで朝食。

昨日はマーミンとの久々の
ラジオ、楽しかった~。
土手町沿いのスタジオでマーミンといろいろとおしゃべりをして
そしてライブもさせていただいたんですが
「桜の街」を歌い終わると
多分観光客の方とみられる方が拍手してくださいました。
嬉しかったです。
「寒くてまだ桜あんまり咲いてなくてすみませ~ん」と
多くの弘前の方たち(多分)の気持ちでした。

という訳で久々に歌わせていただいた
「桜の街」
弘前は今まさに
「桜の街」になろうとしています。
[PR]
by koyomitosima | 2013-05-01 06:55 | 日記 | Comments(0)
四月四日(木曜日)
春休み子育て奮闘中のスイッチさんが
師匠を連れて遊びにきてくれました。
持参してくれたばっけ味噌を
一口つまんでみたら
春の芽吹きの喜びが広がるようでした。
そしてほんとに美味しい!
ポーリッシュポタリーのジュエリーボックスという名称の
この器に入れてみました。
本当の大地の恵みのジュエリーですね。
c0254543_5412998.jpg

c0254543_5412926.jpg


やっぱりご飯に合うね~。
昨日の晩ご飯の残りの貝柱と冬瓜スープを添えていただくと
雪国の冬の暮らしにやっぱり疲れていた身体のすみずみにしみわたっていくように
感じました。

c0254543_5412966.jpg

スイッチさんもブログで書いてくれていました。
ばっけ味噌作りました!
我が家の庭のまだ雪の下になっているばっけで
もう少ししたら私もばっけみそ作ってみよー。


元気な母子のパワーが本当にまぶしいです。(逆光になっちゃったけれど)

c0254543_5412960.jpg

そして~
スイッチさんは大きなバッグの中から
手作り化粧品に必要なものを出してきて
「こんな風に作ります~」と実際に作る手順を見せてくれて
私と真ん中の娘にそれぞれ化粧水を作っておいていってくれたんです。

c0254543_5412954.jpg


なんでだなかあ、スイッチさんはとても温かい繊細な心遣いに
いろんな発想と工夫があって
笑わせてくれるのです。
そしてなんだかあったかいのです。

本当に春がやってきたなあっていう気持ちになります。
ありがとう~。
[PR]
by koyomitosima | 2013-04-05 05:41 | 日記 | Comments(2)

二十歳のお祝い

三月一日(金)
大雪に追われた日々もとりあえず収まってやっと
末娘の二十歳のお祝いをすることができました。
この着物は叔母(夫の妹)の振袖です。
三姉妹に夫の母がそれぞれに十年以上前に振袖を用意してくれていたのですが、
まだ小さかった末娘は、一目この振袖を観て気に入り、
自分はこの着物が着たいと言っていたのでした。
帯も叔母のもの。
さすがに三十数年前の着物でしたので
裏が黄ばんでいたものを新しいものに仕立てなおしてもらっていました。
c0254543_6461434.jpg

帯上げ、帯締め、髪飾り、草履だどは長女のものをそのまま合わせましたが
案外いいなあと思います。バッグはえびすやさんでとてもかわいいものを
見つけて用意しました。
c0254543_6461461.jpg

襦袢の半襟は新調して前の日にやっと縫いつけ
c0254543_6544871.jpg

お天気が回復しそうな三月一日に美容院を予約し、
そして、やっぱり我が世界の長谷川さんに写真撮影をお願いし
c0254543_6544964.jpg

小雨のぱらつく道路は雪で大変なので、
夫の母が着物ばかりの人でしたから
よく作っていた着物に巻くものを巻き
その母が若い頃に来ていた冬の着物のコートを着て
長谷川さんに移動したりしました。
防寒草履はこれもえびすやさんで買っていた
みんなで共有の防寒草履。
c0254543_7492780.jpg

無事撮影を終えて家に帰って
写真を撮ったりしましたが、
終始末娘は自分の顔の丸さを気にしてました。笑
c0254543_6461416.jpg

でも、なんだか感無量です。
そしてこうして書いていると
末娘がこうして叔母の振袖を着ようと帰省したことにも
いろいろと思いがあるだなあと改めてじんときている。

年月が過ぎたのだなあ。
二十歳のお祝いをする日を思い描いていたのであろう義母のことなども
思われます。
一生に一度の二十歳のお祝いを
やっぱりすることができてよかった。


お祝いの日の晩御飯は
末娘のリクエストもありやっぱり手巻き寿司。
やりイカやホタテも生のものを午前中に買っておいてこしらえたもので
味は一味違います。
美味しいお酒をいただきました。
c0254543_6461493.jpg

今週の初めに姪と姪の二歳の娘がうちに来た時に
はじめて作った、なかしましほさんの豆乳シフォンケーキが
本当に美味しかったのですが、
市販のデコレーションケーキよりもそれがいいなあということで
シフォンケーキのお祝いスイーツ。
優しい味がしました。
c0254543_6461463.jpg

[PR]
by koyomitosima | 2013-03-02 06:46 | 日記 | Comments(5)

長く愛着の持てそうな

c0254543_874128.jpg

もうすぐ、結婚29年です。
記念にという感じに、ステーブルズさんで普段使いの湯のみ茶碗を買いました。
ステーブルズさんには、長く大切にしようと思う作家さん達の作品が
いろいろとあるのですが、その中から二つ見つけました。
手に持った感じも良くて、ずっと愛着の持てるものになりそうです。



c0254543_874156.jpg

そして、娘達がまだ小学校の時に
カルチャーロードに連れて行った時、
津軽焼きの工房の方のブースがあったのですが
湯のみ茶碗に絵をそれぞれに描かせてもらえて
後でもう一度焼いたものを届けてもらった湯のみ茶碗があります。
帰省した時など、「ほらね」とテーブルに出しますが、
これも大切な思い出の湯のみ茶碗です。

c0254543_874196.jpg



結婚前に贈った鯨の灰皿は
今も毎日使ってくれているのですが
タバコはもう少し控えてくれるとなあと思うも
元気でいてくれるということでもあるしなあ…。
c0254543_836312.jpg


というわけで、
ちょっとしみじみとしています。
[PR]
by koyomitosima | 2013-02-11 08:07 | 日記 | Comments(0)
一月十六日(水)
前日も断続的に雪が降り、一日に四回の雪かたずけをした。
前回の雪かたずけの時に右の腰を痛めていたのが心配ではあったけれども
結局何度か雪かたずけをしていて案外悪化せずにいたわりつつやればできるものだなあと
かえって少し自信がついた。
という訳で今日は雪も降らず
案外と穏やかな日で
たまっていた所要といろいろな買出しで午前午後と出かける。
というわけで
朝のうちに自分のお昼用のお弁当を作っておきました。
いつもお昼なににしようと悩むのだけれど
たまにはこんな海苔弁も良いなあ。
c0254543_8332573.jpg

のり弁ってなんていうか美味しい。
[PR]
by koyomitosima | 2013-01-17 08:33 | 日記 | Comments(0)
2013年がはじまりました。
ふりかえってみると昨年はなかなかに良き年であったように思います。
今年はまた気持ちを新たにして
一日一日を大切に過ごしていこうと思っています。
皆様にとっても良き一年でありますようにお祈り申し上げます。
どうぞ皆様今年もよろしくお願い申し上げます。

c0254543_184690.jpg

[PR]
by koyomitosima | 2013-01-01 18:04 | 日記 | Comments(0)

自分ご飯

朝も昼も自分用に作って しっかり食べた日であった。
目玉焼きとサラダ、雑穀米、味噌汁は里芋とニンジンと白滝。赤カブと白カブのおしんこ、
の朝食。
c0254543_17251620.jpg


お昼はピエトロのひき肉となすのレトルトパスタソースを使ってパスタ。レタスとかも加えた。
サラダは昨夜の残りの赤カブのアボカドディップサラダ。
c0254543_17251647.jpg


お日様も見えた一日だったが、明日からはまた天気がくずれて雪マーク続いている。
やるべき用事をこなせたし、今日はいろいろしっかりやれたでしょうか…。
それでもお礼状を書くのとコンビニでの支払いを残してしまった…。

そしてこれから晩御飯の支度。
[PR]
by koyomitosima | 2012-12-03 17:25 | 日記 | Comments(0)

食べることと猫のことをあいも変わらず…


by koyomitosima