カテゴリ:料理( 49 )

夏の旬レシピ

ホヤも夏が旬。
裏庭にある採りたてのミズを使って
ホヤとミズの水物が彩りもその味もとても素晴らしいのでした。
c0254543_11315988.jpg

 
鶏ささみときゅうりの和え物(もこずきっちん参照しました)
ゴマと少量の醤油と塩昆布での和え物が
ゆでてほぐしたささみと夏野菜に本当によく合います。
c0254543_6574023.jpg



この時期に出回る真イカは安くて柔らかく小ぶりなものをえらんで
いろいろレシピに取り入れますが
シンプルにオリーブオイルににんにくを少し入れて香りを出して
ソテーしたイカがとても美味しい。
c0254543_6574090.jpg


スーパーの地物野菜コーナーで見つけた青梗菜。
さっとゆでて青臭さを取り、
あとはバターで炒めて牛乳とコンソメを入れ仕上げタラコをぱらっとさせた
青梗菜のたらこバタークリーム煮。
このまま冷たくしていただいてもさっぱりとします。
c0254543_6574016.jpg


ご近所の方に採りたてのきゅうりなどいただきました。
新鮮なきゅうりはやっぱり辛子漬けに。
美味しい~。
c0254543_6574036.jpg


先日さくら野で見つけた螺鈿仕様の箸置き。
夏らしいです。
そして、猫も。
c0254543_657404.jpg

[PR]
by koyomitosima | 2014-07-09 11:31 | 料理 | Comments(0)

栗原はるみさんのレシピ

宮古の兄が寄ってくれるというので
作っておいたはるみさんレシピなどを添えて
お昼を~。
楽しいひと時でした。
c0254543_615310.jpg

c0254543_615325.jpg

c0254543_615352.jpg

[PR]
by koyomitosima | 2014-02-17 06:01 | 料理 | Comments(0)

キッシュ

市販のパイ生地を使って
キッシュ焼きました。
ベーコンとエリンギと玉ねぎとセロリ、と、
冷蔵庫の残りのものをつかいましたがいい感じです。
c0254543_10373839.jpg


あまった生地でミニサイズも。
c0254543_10373811.jpg


冷めてからお皿に移しました。
キッシュってちょっと贅沢な気分になりますね。
c0254543_11135198.jpg


ちょっと焼きとフィリングについての
次回反省点はあるものの
とても美味しくできたように思う。
やっぱり家で作る味は優しくて良いなあ。
c0254543_11324315.jpg


フィリング液割合
卵三個 生クリーム200cc 牛乳100cc~150cc
卵を攪拌して生クリーム、牛乳を入れてさらに混ぜあわせ
濾し器で濾してさっと塩コショーで味を整えておく。

フィリング具材は
その時々の材料を。
今日は、にんにく、玉ねぎ、ベーコン、エリンギ、セロリ。


キッシュのパート生地はあらかじめ焼いておく。
焼きあがった生地に
フィリングの具材を入れて
チーズ適宜入れて
フィリング液を注ぎ、200℃で十五分、180度で十五分
[PR]
by koyomitosima | 2013-12-08 10:37 | 料理 | Comments(2)
十二月五日(木)
昨日の晩の白煮は今朝になると味に深みが増して
美味しくなっています。
たっぷりの大葉を乗せた納豆ご飯で朝食
c0254543_6494893.jpg


ぶなっけ生鮭の今日はフライメニューに。
c0254543_649488.jpg

虹のマートにて買ったアメリカ産のマダラ子で
人参、白滝で仕上げにまだら子を加えてつくる
津軽の郷土料理 「子和え」を。
c0254543_657477.jpg

c0254543_6494861.jpg


お昼、「さくら野」へ
所要のものの買い物などをして昼食は
個人的に和食のプチ世界遺産登録記念に
三階 和食レストランにて
「なごみ膳」を。
きれいで優しい美味しさです。
c0254543_7111456.jpg

[PR]
by koyomitosima | 2013-12-06 06:49 | 料理 | Comments(0)

ぶなっけ生鮭

十二月四日(水)
ここ数日天気が良くて雪降る前にほっと息つける日々が続いています。
久しぶりに「虹のマート」にて
生鮭半身980円で購入。
腹子というかいくらになる魚卵を取った後の
生の鮭は安いのですが
風味が一味変わっていて我が家では昔から好きなのです。
(でもこれをみると川に上がったものとはまた違うかなあと思うのですが。。。
川にあがった鮭はもう少し皮の色がついていたなあ。。。)
c0254543_6132416.jpg

という訳で張り切ってさばきました。
(うんでも、この身の赤い濃い色はかなりぶなっけですね)
c0254543_6132456.jpg

まずは定番のしょうゆみりんに漬けこみ(明後日に焼きます)
c0254543_6132433.jpg

ちょっと薄めの切り身に塩コショーして牛乳に漬けておきフライ用に。(明日か。。)
c0254543_6132440.jpg

今日は骨部分に塩を振ってグリルで焼き
ジャガイモとこの粗を昆布の出汁でしたてる「白煮(しらに)」でいただきます。
c0254543_6132410.jpg

後、虹のマートで
青森さんのムール貝一皿300円と稚貝と言えないくらい大きなホタテの稚貝300円で
パエリア風にすることに。
ムール貝と稚貝は良く洗って
酒蒸しにしてから貝から外しておき
スープを取り分けておきます。
にんにく一かけと玉ねぎ一個をみじん切りにして
オリーブオイルで炒め
米二合を洗って研いでザルで水切りしていおいたものを炒め
塩コショウしてサフランを適宜入れ
酒蒸しで出たスープに固形ブイヨン半個くらいを入れたもの約二カップを注ぎ
はじめ沸騰したら蓋をして十分くらい炊いて
仕上げの二、三分は蓋を取って仕上げます。
パエリア鍋のまま食卓へ。
c0254543_627577.jpg

[PR]
by koyomitosima | 2013-12-05 06:13 | 料理 | Comments(0)
c0254543_759305.jpg

昨日、青森産の旬の美味しいさくらんぼが驚きのお値段でたくさん買うことができて、思う存分食べたのですが、さらに美味しいうちに初のコンポート風を作っています!

さくらんぼの種はカニ用の細長いスプン?フォーク?で取るとほんとに
驚くほど簡単に取れました~。
種をとったさくらんぼにお砂糖をかけて小一時間ほどおき、
ラム酒を加えてことこと煮ます。
仕上げの頃レモンの搾り汁を少々加え、あとはこのまま
半日くらいは味をなじませて置くといいかな。

昨日はイチジクのコンポート風を作ったのでした。
そんなにコンポート作っておらはどうするんだろう。。。


ポーリッシュポタリーのシュガーポットに入れ
冷たく冷やしておくのでした。
c0254543_8131765.jpg

c0254543_8131793.jpg

[PR]
by koyomitosima | 2013-07-28 07:59 | 料理 | Comments(0)

収穫野菜

c0254543_10223852.jpg

初収穫!オクラ〜三本、ミニトマト12個、イタリアンパセリ!

オクラは
焼き肉プレートで焼いて食べたんですが、
家族からは疑問の声が。。。笑

急遽焼き肉を食べたくなって(とても久しぶりに)
暑い日に暑くて大丈夫かなあと心配していたのですが
午後警報がでるほどの雷と雨の天候の後
気温がいっきに八度くらい下がるという
焼き肉にはもってこいの肌寒いくらいの温度になったのでした。

c0254543_8155372.jpg

[PR]
by koyomitosima | 2013-07-27 10:22 | 料理 | Comments(2)


c0254543_5355318.jpg


人参二本千切りにして
レンジ(600w)で六分。
↓こういうレンジ専用茹で容器(?)はやっぱり便利です。
出来立てのうちに
塩、コショー、やさしい酢(私は酢がきついとちょっと苦手なので。。。)、
美味しいオリーブオイル、
そして、少し、今日は最近目覚めたクミン!をプラスしてみた。
思っていた以上に良い風味。
このまま冷まして
常備サラダになるない。
c0254543_535534.jpg

[PR]
by koyomitosima | 2013-07-21 05:35 | 料理 | Comments(4)

宗八カレイを美味しく

最近のレシピで
美味しくできたなあと思うものをメモ的に。

宗八カレイはこちらでは
焼き魚としていただいているようです。
カレイもいろいろと種類があって
真カレイは煮つけだったりします。(焼いても揚げても美味しいけれど)
砂カレイは唐揚げにするかなあ。
この宗八カレイは比較的大きめで一匹ままを一塩でお酒につけ焼き魚にしていたけれど、
最近のいつもの私の定番である
たっぷり塩で五分の後塩を洗い流してペーパータオルで拭きとり
コショーをしておいてから
フライパンでソテーをするということをやってみよう~。
という訳で、下処理しておいた宗八カレーですが
いろいろあってそのまま冷蔵庫で二日ほど経ってしまった
この宗八でありましたが、
大丈夫、美味しさが持続されているという、嬉しい発見が。
下処理をしておけば調理する手順などがありがたい経緯になります。
という訳で
ティファールのフライパンにうっすらオリーブオイルを敷き
スライスにんにくでかおりをつけ
片面ずつカレイをソテーしていく。
最初中火で蓋をして七分通り焼きひっくり返し焼き上げるが
火加減、と焼き時間はその素材の状態によって考えます。
ティファールで焼くと外がカリッと焼きあがるのが本当に素晴らしい。
さて焼きあがって付け合わせや添えるソースなどは
いろいろとその日の具材で。
今日はミニトマトとエリンギとアスパラ(弦買った日弘楽器さんの店頭になぜかおいてある~!)を
炒めてさっとみりんとしょうゆとこしょーで味をつけたものを
上からかけてみました。
うん、美味しくできたのでよかったです。
c0254543_4433173.jpg


ラザニア
たっぷりの夏野菜と今日は豚挽き肉で。
野菜は、玉ねぎ、にんにく(少し)、トマト、ズッキーニ、ナス、セロリ。
仕上げにミニトマトとイタリアンパセリを乗せました。
c0254543_4433197.jpg

ラザニアは↓これを使います。
ラザニア型の板のようなパスタを使って焼けばラザニアと言うのだそうです。
具の汁気でラザニアをなじませるため二十分くらい置いてから焼きます。
まずは定番な感じで。
ラザニア、具、チーズ、ラザニア、具、チーズ、という感じに重ねます。
c0254543_5165256.jpg

具はこれからいろいろと考えてみようと思う
ラザニアの美味しさでした。
取り分けていただきました。
c0254543_4433190.jpg

ラザニアの具が残っていたので次の朝
スパイス(クミン、コリアンダー、ターメリック、カイエンヌペッパー、ガラムマサラ)を加えて
カレーにしたら、とても美味しかった。
c0254543_4433183.jpg

新鮮な地物のきゅうりをただシンプルに味噌でからめていただくのも
さっぱりして美味しいです。
末の娘が好きなんだよなあ、なんて思いながら。
c0254543_4433166.jpg


旬のカツオ。
これもたっぷり目の塩で五分の後洗い流すという下処理適用可のようで
あとはスライスして生姜をすりおろしたしょうゆなど乗せておくと
ご飯の一時間くらい前にでも作って冷蔵庫に入れておくと食べる時出すだけで
良いですだ!
c0254543_5165296.jpg


地物のオクラが本当に美味しそうに店頭に並んでいるのですが
このオクラもヘタの先を落とし肩を丸くそいだものを
さっと塩をして少しなじませたら
そのまま沸騰した湯で柔らかくゆで上げたものを
暑いうちに生姜の千切りとしょうゆの味にからませて
煮びたしのようにして冷めたら冷蔵庫で冷やしておいて
食べる時にそのまま~。
オクラのシンプルな新鮮な味わいが本当に美味しかった。
c0254543_5165271.jpg


さて、先日あさイチで特集していた
お麩レシピですが、あれからいろいろと麩レシピ登場しておりますなかで
特におすすめなのが
お麩レンチトーストです。
卵の牛乳液にじっくりゆっくり中までしみ込ませるのがコツです。
お麩のすぐれた食材としての特徴にはまっています。
c0254543_5165253.jpg

[PR]
by koyomitosima | 2013-07-20 04:43 | 料理 | Comments(0)
最近美味しいと思ったレシピをメモ的に

アサリとトマトのオレキエッティ
イタリアのパスタはほんとにいろいろな種類がありますね。
晩御飯にロングパスタ以外のものなんかは
一品の中の一つとして登場できるんだな~。
パスタ、これからいろいろやってみます。
多めのリーフレタスとりどりを乗せていただきました。
c0254543_519965.jpg

例によって中三地下の魚やさんで
小ぶりの新鮮な鯛が三尾598円で売っていて
初めは煮魚にしようと思いましたが
もう一品のイタリアンに合わせて急遽ソテーに。
オリーブオイルににんにくで香りをつけて
例によって塩をまんべんなくまぶして五分してから流水で洗い流して
ペーパタオルでふきとりコショーして焼くというやり方を。
今日のソースは焼いた鯛を取りだした後に
控えめのみりんとしょうゆでじゅーって感じにして魚にかけて。
c0254543_519991.jpg



栗原はるみさんのドライカレー、今日の料理でやっていて
ヒントが満載でしたが、
私は地物のトマトも使いたかったのと
残り野菜も使ってしまおうと思い
合挽肉だけを買ってきてお昼にキーマカレーを作りました。
これがほんとに美味しくできた。
栗原はるみさんが言っていた
野菜の食感を残すっていうのが
あ、ほんとだ~って思いました。
夏野菜はカレーにほんとに合います。
市販のカレールーに加えてクミンとコリアンダーとカレー粉なども加えて。
野菜はセロリ、ズッキーニ、トマト、玉ねぎ。
夏はやっぱりカレーが美味いです。
c0254543_519970.jpg


地物のきゅうりとかは切ってみると中の緑が違う。
冷凍していおいた三陸のワカメやさっとゆでたエノキたけ、
そしてみょうがでアクセントをつけたさっぱり酢の物。
隠し味に少しだけ砂糖を入れます。
c0254543_519951.jpg


訳あり品で普段よりずっと安かったりするものはゲットしておきますが
キンキの干物もそんな風に買っておいて冷凍庫に入れておいたもの。
頭などの粗の部分を切り分けてグリルで焼いたもので
しょうゆ味の汁物を。
昆布出汁を取った中にキンキの粗を入れて
しょうゆで味をつけ、仕上げに豆腐とねぎだけを入れてシンプルに。
やっぱりキンキは上品でほんとに美味しい出汁がでる。
c0254543_519968.jpg


そして、
「ほぼ日」なかしましほさんの
バナナマフィンを朝焼いて
そのまま朝食。
完熟バナナはつぶさず一センチに角切りにしていれるっていう
この食感に感激しました。
油分はまったく使わないのに
絶妙なバランスの美味しさです。
c0254543_7552483.jpg

[PR]
by koyomitosima | 2013-07-06 05:19 | 料理 | Comments(0)

食べることと猫のことをあいも変わらず…


by koyomitosima